三宮で脱毛に行ってきました!

今日はちょっと昔話を・・・・・。

私、ムダ毛に思い悩みまくっていた中学生時代の思い出があるんです。

子供の頃から手足の毛深さが悩みの種でした。特に中学生になると、体のあらゆる部分にムダ毛が生えてきていることを発見してそのことで頭がいっぱいになってしまった時期がありました。

例えば、手の指の毛が気になって気になって、こっそりハサミでちょきちょきと一本ずつ切ったりもしていました。顔の眉毛と眉毛の間のムダ毛が気になってしまって暇があれば鏡をのぞき込んではため息をつくこともありました。

母親はあまりムダ毛がない体質らしくて、そんな母のすべすべの手足が羨ましくて仕方なかったのを思い出します。

自分はどうしてこんなに毛深いんだろう、誰に似たんだろう、と真面目に考える日々でした。ある時は、風呂場に置かれてあった親のカミソリで足の毛を剃ってしまおうとして、誤って指に深い傷をつけてしまったこともありました。

入浴して体温があがっていたことが災いして思いのほかたくさんの血が出てしまいました。あふれ出てくる血に驚いて悲鳴を上げたものだから、家族を巻き込んで大騒動になってしまいました。その時も「毛を剃ろうと思って」なんて恥ずかしくって親にも言えなくって、「ちょっと触っただけ」なんて適当なことを言ってごまかしたのでした。

また、ある時は母の化粧道具の中から毛抜きを見つけて、脇にちょぼちょぼと生えてきた毛を抜こうと四苦八苦したこともありました。毛抜きの扱い方にも慣れていなかったし、生えていると言っても脇の毛は大人ほどではなかったので、上手に毛抜きで毛をつかむことすら難しくってほとんど抜くこともできなかったのでした。

悪戦苦闘して得たのはわずかな脇の毛と、同じ姿勢だったことから起こった首の強烈な痛みとぐりぐり毛抜きでいじったゆえの脇の痛みのみでした。

とにかく体中のあらゆる部分に生えている毛が気になって仕方なかったのです。ある時、懲りもせず足のムダ毛をカミソリで剃っていたときに、母親に見つかってしまったのでした。

その時の恥ずかしさといったらたまらないものがありました。今思い返すとそんなに恥ずかしいことでもなかったのに、毛深いことが知られるのも恥ずかしいけれど、そのことを気にしていることを知られることも同じように恥ずかしい年頃だったのだなぁと今になって思います。

まあ、大人になった私はそんな苦労はもちろんしてないですよ!!(笑)

先週も三宮にある脱毛サロンに行ってきたところです。

⇒ http://xn--n9jy50goljhxpjfz.com/