カテゴリー別アーカイブ: 未分類

現役の看護師だったらこんな病院で働きたいな

整形外科に通院していましたが、総合病院に行ったほうがよいということで総合病院の紹介状を渡されて、総合病院に行くことになりました。
通常であれば、初診は15時までに入らなければいけないというお話でしたが、仕事の都合で日程があわずに、15時30分にしてもらいたいとお願いをしました。
総合病院の場合、クリニックと違いそのような対応をして頂けるとは思っていなかったのですが、「紹介状もあることですし今回は受け付けます。」ということで、融通を聞いていただくことができました。

そして私が思っていた総合病院とは大きく異なった点が、とにかく患者の話をよく聞く・説明を詳しくしてくれる・対応が良いといった点でした。

入院患者は看護師や医師と接している時間や理学療法士など院内の方と多く接しているので、時間がないとはいえある程度話を聞いてくれるのは当然だと思います。
しかし、外来患者には冷たいイメージをもっていました。
入院やオペが必要ない患者に対しても、とても丁寧に詳しく話を聞いてくれました。
初診時にレントゲン・MRIの結果を持って行き、画像診断をしていただきました。いくつかクリニックを受診したのですが、診断名は変わりは有りませんでした。

しかし、触診していただいたのは初めてでした。
今まではリハビリ室の理学療法士の方が身体に触れて「ちょっとおかしいから次回の診察でドクターに確認してもらって。」といわれてもドクターはレントゲンを見て判断する為、結局診断名は変わりませんでした。

紹介された総合病院では、触診のほかにも症状を詳しく聞いてくれ、治療に当たってくれました。
そして看護師さんがとても気を遣ってくれるのです。
治療のときも痛みを我慢していたら声をかけてくれます。
治療後に安静時間を要するのですがその間に、様子を見に来てくれるというのが当たり前でした。
今までは「何かあれば呼んでください。」と言われ、看護師さんから様子を見に来てくれる事はありませんでした。

また、初診の日の帰り際に声をかけてくれて「付き添いはいないの?」「どこの病院でもしっかりした対応してくれなくて辛かったでしょう。」「痛みもずっと我慢してきたから、ここでがんばって一緒にリハビリしていきましょう。」と言われた時に涙が溢れ出ました。
実はこちらの病院、函館のとある総合病院での話なのですが、こんな病院があるんだと、皆さんに知っていただきたいです。
わたしも現役の看護師なら、すぐにでも働きたいと思っちゃいました。
⇒⇒⇒看護師 求人 函館

総合病院の外来患者への対応は冷たいというイメージが一変し、今でも頑張って治療を続けることが出来ています。

三宮で脱毛に行ってきました!

今日はちょっと昔話を・・・・・。

私、ムダ毛に思い悩みまくっていた中学生時代の思い出があるんです。

子供の頃から手足の毛深さが悩みの種でした。特に中学生になると、体のあらゆる部分にムダ毛が生えてきていることを発見してそのことで頭がいっぱいになってしまった時期がありました。

例えば、手の指の毛が気になって気になって、こっそりハサミでちょきちょきと一本ずつ切ったりもしていました。顔の眉毛と眉毛の間のムダ毛が気になってしまって暇があれば鏡をのぞき込んではため息をつくこともありました。

母親はあまりムダ毛がない体質らしくて、そんな母のすべすべの手足が羨ましくて仕方なかったのを思い出します。

自分はどうしてこんなに毛深いんだろう、誰に似たんだろう、と真面目に考える日々でした。ある時は、風呂場に置かれてあった親のカミソリで足の毛を剃ってしまおうとして、誤って指に深い傷をつけてしまったこともありました。

入浴して体温があがっていたことが災いして思いのほかたくさんの血が出てしまいました。あふれ出てくる血に驚いて悲鳴を上げたものだから、家族を巻き込んで大騒動になってしまいました。その時も「毛を剃ろうと思って」なんて恥ずかしくって親にも言えなくって、「ちょっと触っただけ」なんて適当なことを言ってごまかしたのでした。

また、ある時は母の化粧道具の中から毛抜きを見つけて、脇にちょぼちょぼと生えてきた毛を抜こうと四苦八苦したこともありました。毛抜きの扱い方にも慣れていなかったし、生えていると言っても脇の毛は大人ほどではなかったので、上手に毛抜きで毛をつかむことすら難しくってほとんど抜くこともできなかったのでした。

悪戦苦闘して得たのはわずかな脇の毛と、同じ姿勢だったことから起こった首の強烈な痛みとぐりぐり毛抜きでいじったゆえの脇の痛みのみでした。

とにかく体中のあらゆる部分に生えている毛が気になって仕方なかったのです。ある時、懲りもせず足のムダ毛をカミソリで剃っていたときに、母親に見つかってしまったのでした。

その時の恥ずかしさといったらたまらないものがありました。今思い返すとそんなに恥ずかしいことでもなかったのに、毛深いことが知られるのも恥ずかしいけれど、そのことを気にしていることを知られることも同じように恥ずかしい年頃だったのだなぁと今になって思います。

まあ、大人になった私はそんな苦労はもちろんしてないですよ!!(笑)

先週も三宮にある脱毛サロンに行ってきたところです。

⇒ http://xn--n9jy50goljhxpjfz.com/

無料だけど婚活サイトでゲットした私のダーリン!!

婚活サイトっていいですよね~。

えみっちといいます。
38歳で結婚11年目、小学校3年生になる娘1人います。

今の主人は43歳、13年前に友人の結婚式の2次会が最初の出会いです。
2次会ですから、カジュアルな雰囲気でその場に来ていた友人、新郎新婦と(私はどちらとも仲良くさせてもらってました)気軽に談笑していたのですが、たまたまその場に新郎、私の友人、主人、私といたんです。
そして新郎が突然「こいつさ、彼女いないんだよずっと。すごくいい奴なんだけどさ、誰かいい人いないかなって。」と。
すると私の友人が横にいた私を捕まえて、「ほら、ここにいる!」と言ってきたんです。
当時、私は彼氏はいなくて、その友人は彼氏がいたんです。
そう、たまたま、ほんとうにたまたま私がそこにいた、始まりはそんな感じでした。
主人も突然だったのでちょっとびっくりしてましたね。
そこでアドレスを交換。正直私もその場の流れで…といった感じでした。

まずはどんな人か、それを知るためにごはんに行ったりデートをしたり。
1か月後に主人の方から告白されて私もOK。
優しくて、性格の穏やかな人だったんです。年がちょっと離れているのもあるんでしょうか。一緒にいてこっちも穏やかな気持ちになれました。

当時私も20代後半、主人も30代前半だったので年齢的には結婚を意識しだすことになります。付き合うときもあらかじめ親に紹介してからのお付き合いでした。
でも実は結婚という文字がちらつきだすと主人側の両親が反対してたようなんです(後から聞いた話でした)どうも私が一人っ子で病気の両親がいるということがネックだったようです。ちなみに主人は本家の長男です。
でも、そこで出た主人の男気。当時、主人の家族の中でいちばん権力のあった遠くに住んでいるおばあちゃんに直接結婚のお願いをしていきました。
おばあちゃんは「あんたが決めた人なんだから」と1発OK。
その本気に私も嬉しかったですね、私を思ってくれてるのが伝わってきました。

付き合ってから1年ちょっとでプロポーズを受けました。
クリスマスで、ケーキをもらったんです。
開けてみると…ん?見ると指輪がケーキに埋まってて。手紙も一緒に入っていてシンプルに「結婚してください」と書いてありました。
上手いことは言えない人、でも純粋で一緒にいて楽しい人、この人と年をとっていきたいなとすぐにOKしました。今思えば、キザなポロポーズなのかもしれないですけど。

あ、そういえば無料の婚活サイトが出会いと書きましたが、私、その結婚式でブーケトスを受け取ったんです。それまで婚活サイトの話ってあまり信用してなかったんですが、無料の婚活サイトから舞い降りる幸せってあるんですね。

皆さんもどうですか?⇒婚活サイト無料登録